親友の大切な場所にゆく。

彼女は、僕と同じ誕生日ゆえに、いつか親友となった。

それだけでなく、世界を同じ視点から見れる人、ということだろうか。

僕が親友と呼ぶ人の多くは、喜びの中に悲しみを探し出すことができて。

悲しみの中に喜びを見つけ出せる人のことを言う。

 

絵描きのおじいさんの部屋から、今の彼女があるという。

はじまりの場所に、村のバザール村長ななこと共に。

絵描きとして生きた人、遺してくれた時間、その人だけの特別な空間の中。

三人でまだ使えそうな古きよきものを、ほこりだらけの部屋で黙々と重ねていく。

彼女が小さい頃につくった、楽しい作品も色々でてきた。

塩辛ハットの魔女の人形に、絵を描くあなたへの贈りもの。

それを見て嬉しくなって、それすら描いてしまう絵描きもいたわけだ。

 

残すものと、捨てるものがあるということ。

僕もかつては、死んでも残したい欲求のかたまりだったけど、最近はどうなんだろう。

写真だってもう、ほとんどパソコンの中にしまって、満足しているくらいだ。

高そうな美術品はわかる、高価でなくても愛着があったものが気になる。

僕もなんかもらっていこうという魂胆だったが、イタリア土産のかわいい灰皿ひとつだけにした。

ここに大切な者たちと、はじまりを感じながら、居るだけで十分だった。

あとのものは、彼女たちの新しい場所で、愛されていくことだろう。

そういうものこそ、さらに巡っていくんだよね。

それにしても、ここに僕なんかが座ったら、絶対あやしげな貿易商の図になることだろう。

 

 

3035

 

#3035-15-08 /  Painter’s Atelier

Posted in 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)