Yusuke Sato Photo Exhibition

パンドーラー / Pandōrā

2022. 11.18 fri – 12.04 sun

 

昔から、神さまたちによって。

多くの禍(わざわい)がつくられてきた。

美しいものは、醜くても信じているから。

開けなければよかったな、そう思うことはないだろう。

パンドーラーがここに集まった時、未来への希望が残された。

Yusuke Sato

ここから、希望が始まる

佐藤祐介の作品には、「女性のいる世界」を強く認識させられる。

わたしは女性だから、とくに意識したことはなかったが

女性がつくる曲線、視線、声、においなどが

なるほど、世界の空白をこのように埋めているのかと

過小でも過大でもない、その存在のサイズを、思うことができる。

よく知っているようで、知らない世界観なのだ。

パンドーラーとは、「すべての贈りもの」という意味で

ギリシア神話に登場する、人類初めての女性だという。

この世に禍をもたらした「パンドラの箱(壺)」は広く知られているが

禍や絶望の後、その壺に残ったエルピスの解釈には諸説ある。

一説には、パンドーラーが壺から出したそれこそが

未来を信じることができる、希望の始まりだといわれている。

小久保よしの(編集者・ライター)

会期:2022年11月18日(金)ー 12月4日(日)*会期中無休

時間:8:30 – 23:00

入場 : 無料

会場:堀川新文化ビルヂング

〒602-8242 京都府京都市上京区皀莢町 287

https://horikawa-shinbunkabldg.jp

お問い合わせ : 075-431-5537

バス停「堀川中立売」下車徒歩1分

京都市バス 9番・50番(京都駅より約22分)系統

京都市バス 12番(阪急烏丸駅より約15分)系統

京都市バス 67番(阪急大宮駅より約12分)系統

地下鉄烏丸線「丸太町」「今出川」駅より徒歩20分

地下鉄東西線「二条城前」駅より徒歩18分

駐車場・駐輪場あり

協力:NEUTRAL・一般社団法人京都芸術文化リサーチ&コンサルティング・藤原製本株式会社・Potziland Records・SETENV

*11月18日(金)・19日(土)・20日(日)、25日(金)・26日(土)・27日(日)、12月2日(金)・3日(土)・4日(日)に作家在廊予定

階段ギャラリースペース、ウィンドウ・ディスプレイ、2階通路、カフェ&バー「SlowPage」店内など、堀川新文化ビルヂング全体で楽しめる写真展です。1階の大垣書店では、近年刊行された、小部数の特別な写真集を販売いたします。

11月、京都にて。写真集「ad lib」出版記念展、自身初の地元(東京、神奈川)以外の土地で、今まででいちばん大がかりになりそうな新作展示になります。すべての写真からあつめてドンシリーズは変わらず、おそらく最後に近いかもしれない集大成(いつもそう言ってます)。今回は、今までの自分の真骨頂、女性たちのポートレートっぽくないポートレート写真を中心に集めています。

展示は現在を集めたパンドーラーゾーンと、近年に展示してきた過去作ゾーンの新旧2つをお楽しみ頂けます。作家による尊すぎる無数の言葉たちが添付されました、ビジュアル図録(折込型A4サイズ)も制作中です。こちらもお楽しみに!

関西方面のみなさま、でなくてもぜひ!、期間中の金土日は京都にいますので、ぜひお気軽にお声がけください。どうぞよろしくお願いします。

Yusuke Sato

Yusuke Sato / Photographer

1977年、新潟生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。在学中に「写ルンです」から写真を撮り始める。様々な旅から開催する写真展、美術家のインスタレーション、美術大学等、学校の広告撮影を続ける。2022年、Potziland Records より自身6冊目の写真集「ad lib」を出版。

Visual design : Chikako Oguma

 

 

写真集出版のお知らせ(2022.7.14 Release ! )

ad lib

10インチレコードサイズ / フルカラー 84p / 定価 : 5,500 円(税抜)

音楽ソノシート(両面)付き

 

 

著者 佐藤 祐介

楽曲制作 坂内 友美

デザイン 重実 生哉

プロダクション・サポート Izumi Kato Studio、SETENV

発行所 Potziland Records

印刷・製本 KARC EAST

 

写真集は展示会場、Potziland Records のサイトよりいつでもご購入頂けます。ぜひご覧ください。

https://potziland.com

 

#3538-22-11 / Pandōrā

Posted in 22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)