空っぽになりすぎると、次はいよいよ、埋めることを考える。

さらなる空っぽが、自分にとって危険だと恐れるわけだ。

大学の頃、まだ写真すらなかった頃、休み時間にすっと紙切れ、机の上に置かれた。

あなたの孤独を埋めるものはないの?

それを見た時に、無性に腹が立った覚えがある。

腹が立つということは、それはたぶん真実である、つまりなかったのである。

今の僕だったら、まずそんなの渡されないだろう(笑)

結局、僕を埋めたものとは、なんだったのだろう?

写真ではなかったような気がするから、困ってるんだよな?

孤独を埋めた後は、僕とは違う世界にある、空っぽを埋めていく。

写真はなかなか、そうとは言ってくれない。

僕の内にあるものなら、埋めやすかったのに。

本当の空っぽこそ、埋めることすら、埋めてくれるかなぁ。

 

 

#3429-02-01 /  Tatsumi

Posted in 02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)