もう去年に、僕は1年先のお祝いができたから。

今は、同じ誕生日の君に、真っ先におめでとうと言いたいな。

もっとも君を祝うのは、僕を祝うことにもなるわけだけど。

出会ってから、もう少しで12年、なんだか1周したような感じだね。

いろんなことあったなぁ、手のひらに舞い込んでくるよなぁ。

こんなに自分みたいな人、今までなかなかいなかった(これからは知らないよ)。

少し控えめに、ということあったけど、大切なものとして受け止めることができる。

 

ここ半年以上、彼女の存在にもだいぶ助けられたな。

またいつか、僕も誰かにそんな希望を与えることができるのかなぁ。

いつか君が願った言葉は、消えたことがない。

気付いたらそれ以上、これは親戚なのか、家族なのか、たまにわけがわからない。

世の中にはあるらしい、異性である分身。

僕が女なら、きっと爆発系の写真家に。なんだそれ。

君が男なら、地道に描き込みを続ける絵描きになったろう。そうなの?

 

今は君の方が先頭に立ち、僕が続いている、みたいなことに。

これからは、そんな君の声も聴きながらだね。

いつか一度だけ、君が夢の中に出てきたのを覚えてる。

仲間たちと旅を続けてはいるが、私自身の表現をしなければと、あるべき場所に帰っていく君。

夢って忘れるものなのに、いつまでも、はっきり情景まで覚えてる。

つまりそれ、君の中に僕を見ていたわけね。

 

この先、僕らが誰を好きでいようと、どんなことが起ころうと、全てを愛することができる。

互いの幸せを、それぞれの旅を続けながら、ずっと祈っていることができる。

これからも分身同士、一瞬の集積を重ねながら。

色とりどりの君たちの世界へ、心からおめでとう。

 

 

 

いつもそんなに飲まないのに、飲んでくれるし。

いつもまったく吸わないのに、吸ってくれるし。

なんて素晴らしい分身なんだろう。

君のこれからも、とても楽しみにしている。

 

facebook toicraft

 

#3511-17-06 /  Tomomi 5 / Such a night… Oh blues…Oh blues…

Posted in 17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)