今年の僕が、どういう流れでここまで来たのか、おぼろげながら見えてきた。

大きく3つの河があったから、なにがなんだか、わからなかったんだな。

今の僕に降りてきているものがわかると、過去のある地点に答えがあったり。

不思議ではない、不思議ではない、何度もそんな練習してきたんだから。

 

エアコンのフィルターの中にあったドラゴンの卵は。

はるか昔に描かれた、龍の神さまが運んでくれていた。

これはもはや、僕の中だけにある物語かもしれない。

でも、運ぶ役割を果たしている者たちも、僕の心を少し知っているかもしれない。

共有したいなんて思っていないけど、なんとなくわかっている。

 

渡り鳥たちが、残して欲しいと思っているかもしれない。

心のどこかで、疲れているかもしれない。

少し身体も整えながら、僕の気持ちを聞いてみる。

空っぽになりがちな心は、やがてだけど、使命感みたいなものに突き動かされる。

でも、ちょっと難しいならば、無理をする必要もないかな。

最近はずっとそんな感じ。でもまぁとってもいい感じ。

 

 

 

#3482-12-07 /  Haruka and Aya / Haruka’s Hula( Paint : Kanda Saori)

Posted in 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)