扉を開いた先に、いつもとはちょっと違ったふたり、さんにん。

7年前、初めて彼らとゆっくり過ごした時、こんなことを書いている。

晴れの春でなくっても、ほころぶことができる。

それがわかっただけで、春が来たことを知れる。(#0026)

 

三人で美味しいアシタバの天ぷらを食べてから7年。

同じように、いつも始まりにいてくれるような人たちと、素晴らしい時間。

彼らと過ごす時は、何かのいたずらで、僕たちに似合わない空間、であることが多い。

でもそれがいい。今回なんかミッドタウンに、銀座をぶらり。

今年の僕の写真はかなりやばいって言ってるのに。

よりにもよって大切な人たちのトリプル記念日。毎回思うよ、僕がいていいんですか?って。

 

家族写真は、こちらが願いを持って、幸せそうに映っていればいい、みたいな考え方だったと思う。

で、そういうトレーニングを積むしかなかった僕の眼は、ある意味、乱暴だったと思う。

今はもう、何かを感じはするが、あまり見てはいない。後でわかる。

そして、大切な人たちというだけで、撮った写真に対し涙が出てくる。

もう無理だなぁ、自分の写真にやられる写真家なんているのだろうか。ここにいるのか。

 

もう友達から謝礼金をいただくのはやめようと、年末か年始に書いたと思うけど。

一昨年の僕の写真記念日(12.22)に仕事で彼を撮った時同様、1枚多めに入っていると感じる。

小さい子供と一緒だと、そんなにたくさん撮れないからって言ってるのに。

さらにお高い六本木や銀座でも、たくさんご馳走されたな…

写真以外でも、僕にできることも少しはあるんだな、そう思えただけで幸せなのに。

今までこういう写真の後には、心よりおめでとうございます、そう締めくくってきたけど。

そんな思ってもいないことを言うのはやめよう。

みんなには、とにかく幸せになってもらいたい。本当にもうそれしか思えない。

そんなはじまりの春の日を、いつも僕らに、ありがとう。

 

 

#3454-17-02 /  Aoi

Posted in 17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)