16日からの、短いながらも長い旅に、緊張してドキドキが止まらない。たった1週間でも、僕にとって2ヶ月間の海外旅に相当するくらいの旅になると思う。今年に起こる撮影の中では、間違いなく大きなポイントとなるな。

18日は福岡、偉大な芸術家たちによる、ギターと絵画と詩の世紀のライブ撮影。20日は姫路、教養を重んじる女子校での撮影。頭を全く別のものに切り替えなくてはいけないのが大変。緊張の原因はここにある。お行儀の悪いガイズを無の境地で撮影した直後、季節の制服コーディネートを完璧な佇まいで乱れなくきちんと撮ること。限られた時間、決められた状況設定で、いくつものカットを効率良く丁寧に撮ること。

その間の19日、破天荒なガイズとのんびり美味しいもの食べて夜に解散の予定だったが、僕は参加せず、博多から姫路に向かうことになるかな。いつものドーミーイン露天温泉で、普段どおりの僕に戻っていることを写真の神様に誓う。でも無料の夜鳴きそばを食べている時だけは、好きなこと考えていたいな。そこまでイメージしておかないと、彼らの才能によって仕事の写真に支障をきたすかもしれない。ほら、僕はとっても影響されやすいから。今なんて特に。

20日の丸1日撮影後、夜遅くに東京に戻れればいいが、この時点で僕はもうバランス的に耐えていないはず。21日は藤沢の実家に戻りなんとか休んで、22日は早朝から相模大野でいつもの小学生たちを、今度は気ままに力を抜きながら撮れるか撮れないか。あぁほんと緊張するなぁ。

今日は、今まで撮ってきた写真で作られた姫路の高校パンフレットの仮レイアウトを見せてもらい、追加撮影分の指示書等とにらめっこ。とってもいいけど、次の撮影次第ではもっと良くなるはず。僕はいつもお前なりに撮ってこいの撮影ばかりしているから、決められたものがある時こそ、頭はパンパン。BGMはカヤさんの唸るスライドギター。カヤさんのライブでは、いつも必ず何かが起きる仕組みになっている。あぁ神様、どうかカメラが壊れませんように。アーメン。

 

#3443-17-02 /  School Guide

Posted in 17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)