2月16日から19日まで、福岡に(写真家としての)撮影に行くが、20日に姫路で撮影仕事が決まる。やっぱしそうなるよねー。

福岡最後の日、いつもカヤさんは仲間を空港まで送ってくれて、そこでの解散がしきたり。今回は初めてジェットスター最安コースで予約していて、それで夜に千葉に戻って最終で東京に戻って、翌朝に姫路に向かうくらいなら博多から行った方がよい。購入していた復路は日曜の便で全然格安ではなかったのだけど、これで帰りの便はおじゃん。姫路のは交通費が出るから新たにお金がかかるわけではないけど(宿泊代は出ないか…)、なんかこういうのは悔しいよね。一番美しいのは、帰りは経費だけで東京まで戻ってくることだった、なんて。

でも最大の問題は、ライブを含めた濃密な4日間を過ごした後、うまく自分を切り替えられるか。福岡で僕はとんでもないものを観てしまうのは明らか、たぶん天国か地獄のどちらかであろうけど。ただでさえ心がいっぱい今の僕は、どうなってしまうのだろう。ブルースでロックでパッと見超悪そうな(笑)彼らと過ごした直後に、さぁ高校生たちを清楚に上品に可愛らしく凛とした雰囲気で撮る。考えただけでも恐ろしい。でもこれで切り替えなきゃプロじゃないもんね。

福岡で三脚はいらないけど、姫路では使う。4日間は身軽に過ごしたいから、三脚だけ姫路に送っておこうかな。姫路の撮影が終わっても、すぐ相模大野の小学校でひと仕事。実家から向かうのでほとんど自宅にいれない、みゃちはお隣さんと仲良くやってくれ。ブルースでロックで破壊好きな奴らと過ごした後、元気ハツラツ伸びやかな子供たちを生き生きと真面目そうに撮る。もう今からでも、切り替え時の僕の脳みその状態をイメージしておく必要があるなぁ。あぁもう、自分の写真をまとめながらほろほろしている場合じゃないな。しばらく荒井由美も禁止。明日は国の研究所の所長さんを撮りに行く。なんでも撮らせていただきます!

 

#3438-13-12 /  ANAJALMARK

Posted in 13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)