09年、1月の手帳を見るに、15回も撮影にあたっている。稼いだ金額73万円。たった8年前なのに、今では信じられない時代も少しだけあったようだ。僕の心はどうだったかと、不思議でたまらない。

もうすぐ閉店する近所のすかいらーくに通っていた頃の日記は、身体が痛いとわめいている。中国人のウェイトレス[何さん]の対応が素晴らしいと書いてある。閉店後は、渋谷の方に配属されるとまで書いてある。

ここからは日々の写真より、友人たちのお願いごとに、意識が向き始めたようだ。お正月だからって、お年玉価格を設定したのもこの頃。もうそんなアホくさいことはやめよう。それだったら、無料の方がましである。だいたい、お年玉もあげたことがないようなおじさんが、お年玉を請求してはいけない。

終焉を迎える、戸越銀座のすかいらーく。

僕は今、誰よりもエネルギーを使っている。僕が僕でなくなればなくなるほど、写真は、物語は、真実へと近づくことができる。と書いてある。

本当のところはもっと眠っていたい。誰かのために生きる時代を待っている。と書いてある。

いつも新年に未来を見ているんだから世話はない。どこかで降りてくるタイミングは、後から見る方がまったくスリリングである。

 

3394

 

#3394-09-01 /  Chika

Posted in 09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)