ふだん選ばないような写真こそ、ひとつひとつ、問いかけてくる。

同じようなことを、繰り返したいか。

今日も笑顔でさわやかに。

お前は、何一つわるくないよ。

ひとつ変わったのは、もう僕にはどうしようもないと、気づいたことだろうか。

この後すぐ、新潟のおばあちゃんは、交通事故で亡くなった。

同時に、僕も無くなった。

写真も、上手に残れなかった。

これと同じようなことが起こるなら、僕はどうしようもないと思うだろうか。

いつかは、残っているから、教わることもできるかな。

今日も笑顔でさわやかに。

 

3391

 

#3391-06-05 /  Kodaira Station

Posted in 06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)