今ある一番の楽しみ、2月に福岡へギタリスト・カヤのライブを撮りに出かけること。なけなしのお金と相談するまでもなく、飛行機のチケットを取った。

2013年の12月22日、僕が写真を始めた記念日にあった、絵描きのポンジーとの復活ライブ、それから3年経つ。長きにわたり研ぎ澄ましを続けてきた者の今の音だけは、再びこの血に流し込まなければならないようだ。

希望と絶望の中に、長く長く、彼の存在は消えることなく生き続けた。この世界にどんな悪夢が舞い降りてこようとも、いつか彼が教えてくれた武器と共に、見届けなくてはならない。

3年前のフライング・フィッシュたちは、どこに飛んだのか。その新しい最後は、壮絶であることだけ分かる。

この冬は、そこに自分をどう持っていくしか興味がない。予約した飛行機が雪で飛ばなくても(カヤさんの決めたライブは、必ず何かが起きるんだから)、僕はその場所にいるに違いない。このライブが終わったら、カヤさんは東京神奈川に戻ってくるかこないか。あまり期待はせずとも、期待してしまう僕がいる。

 

Ogawa Kaya Music

rec. 025 / TOBIUO[福岡]

 

3384

 

#3384-13-12 /  Give me some truth 2

Posted in 13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)