明け方、7時。やるべきことはやったよなあと、超寒いがのどごし生。

今度は中米あたりを同じように2ヶ月くらい旅しよう。僕は先のことは決められない性格で、懐具合を思っても、正直むずかしいだろうなあ。夏前に往復の航空券を早めに安く予約したはいいが、僕の貯金はほんの2、3万円しかない。日々家に閉じこもりひたすらお金は使わない生活をしてきたが、これには病んだ。でももう貯まらなくてもいいやと思い始めた時から、不思議じゃなく撮影の仕事に恵まれた。つまり、あと1回くらいは、長旅を許されたのかもしれないなあ。そんな思いだ。

航空券を早めに確保する等はゆっこがよく調べてやってくれた。大きな節約が望めることは彼女はいつでも真剣。この旅のきっかけを作ったのは大きく言うと14年の南米旅だったが、今回も彼女が率先してメキシコとグアテマラを選んだ。僕はまた彼女についていくんだなと思いつつ、ようやく自分が見るべき国が見つかった。興味もなかったキューバ。今までの旅の流れから、ここに辿り着いた感じがする。

旅を決めてから、やるべきことをずいぶん作ったよな。南米旅の終わりに、お互いスペイン語をもっと知りたいと思ったはず。メキシコ、グアテマラ先住民の伝統刺繍。大英博物館のビジュアルブックから見はじめて、ゆっこがネットで続々おもしろい本を購入していく。マヤ遺跡の本、グアテマラとキューバの旅行人、メキシコ旅の指差し会話帳。僕は彼女よりもそれらを熟読し今にいたる。ゆっこは僕に興味を持たせることからはじめたに違いない(笑)

友人らの声を聞くに、言葉ではいいなあではなく、なぜかすごいなあとなる。失おうとしていることに対して言われるのかなと思ったけど、すごいと仕方がないやと思えるようだ(これは僕にもいえるか)。実際ただの旅行に行くだけ。20前半のノリのようなところもあるが、その分耐えてきたということが前回と違うところ。でもその差をどう埋めようか、誰も覚えていないだろうけど、2015年の目標は「埋める、でいきたいと思います(あらーまたやっちゃったじゃないか)」と書いた。旅を選べば選ぶほど、どうやら埋まらない。それについては、もうあきらめた。2016年の目標は、耐えないこと(笑)

明け方、8時。眠くないから一番搾り。はたしてこれは直行便による時差対策なのか。深夜にすべての荷物をもう1度出して、しまい直し、やるべきことはやったよなあ。今月は色んな人に会いに行ったので、年末のような月となった。ザックにぶらさげた、いくつかのお守りを見ると、ちゃんと帰ってきたいと引き締まる。あたたかな想いも詰め込んでよい二人旅に。すごい旅にはあんまりしたくないよ。

 

3223

 

#3223-15-01 /  Maria 3

Posted in 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)